患者様・ご家族様へ
ホーム » 

患者様・ご家族様へ

 » こころの悩みをお持ちの方

こころの悩みをお持ちの方

こころの悩みをお持ちの方へ

院長 吉永陽子

院長・吉永陽子の写真

現代は「こころの時代」と言われますが、こころの悩みを抱える方は大変多く、こころの病気は身近なものです。当院を受診される患者様は、統合失調症をはじめ、感情障害(躁鬱症)、アルコール依存症、認知症、摂食障害、パーソナリティ障害など、さまざまなこころの悩みを抱えていらっしゃいます。
このようなこころの病気は「早期発見・早期治療」がとても大切です。ところが、こころの悩みを持ち始めているときは解決策が見つからず、一人で悩み、堂々巡りしてしまいます。そんなときは、こころの窓口をあけ、相談に乗ってくれる第三者の存在が必要です。

当院はこころの悩みに対して、「治療」「教育」「予防」の3つを柱に治療に取り組んでいます。精神科を受診すると、薬物療法が始まると誤解している患者様がいます。必要な方には必要な薬を処方しますが、すべてにあてはまるわけではありません。最新の情報をもとに、副作用に十分に配慮し、患者様の負担の少ない選択をしています。
患者様の自己決定を何より最優先して、治療もすすめております。病気や薬についての知識を患者様に身につけていただくほか、グループミーティングなどで病気を理解していく心理教育やリハビリテーションにも力を入れています。認知行動療法を取り入れた集団療法などは、他に例のない当院独自の取り組みです。患者様の悩みを解決するのが大切と考え、困っていらっしゃることに焦点を当てて取り組んでいます。

現在、かかりつけのクリニックに通院されている方で、当院を受診したいと思われたときは、主治医の先生にまずご相談ください。その上で入院治療など患者様のご希望に沿った受け入れ体制を用意いたします。いつでもご連絡ください。
精神科救急では24時間365日、患者様を受け入れ、必要な方に必要な医療を提供させていただいております。
入院にあたりましては、ケースワーカー(医療ソーシャルワーカー)が患者様やご家族さまのお話をうかがい、入院後も引き続きフォローさせていただいています。

  • 病院案内
    • ごあいさつ
    • 病院概要
    • 部門紹介
  • 患者様・ご家族様へ
    • 入院のご案内
    • 外来のご案内
    • 訪問看護のご案内
    • こころの悩みをお持ちの方
    • アルコールの問題をお持ちの方
    • 認知症などの問題をお持ちの方
    • リハビリテーションについて
    • ソーシャルワーカーの役割
  • 看護部について
    • 看護部のご紹介
    • インターンシップのご紹介
    • 復職支援のご案内
  • 医療関係機関の皆様へ
    • 患者様のご紹介について
  • 動画で医師からのメッセージが観られます!
  • 動画で看護師の働く姿が観られます!
  • 採用情報
ページトップへ